トップページへ戻る

ケーズクリニックヒフカ

多汗症の症状でお悩みの方に

多汗症

多汗症の概要

多汗症とは

どんなもの?

体は、暑さや運動によって体温が上がりすぎることを防ぐために汗をかき、熱を発散するようにできています。
多汗症とは、その体温の調節に必要な通常の範囲を超え、発汗が増加する症状です。
体質にもよりますが、気候や運動による温熱刺激の他にも精神的な緊張やストレスなども影響し、発汗の原因となります。

特に手のひらや足の裏、脇の下など汗腺(汗を出す部分)が密集している部位は多汗症の症状があらわれやすく、日常生活に支障をきたす場合もあります。
多くの方が悩まれ、当院で治療しています。

治療方法はどのような方法があるの?

塩化アルミニウム液
手のひらや足の裏・脇などに塗布することで、水素イオンが汗腺に働きかけて汗を生成しにくい状態にします。
(費用を抑えたい方や、注射をしたくない方、妊娠中・授乳中、未成年の方、などにおすすめです。)

脇汗ボトックス治療
脇にボトックス注射をすることで、過剰な汗の分泌を抑えることができます。効果は約半年間継続します。


塩化アルミニウム液

塩化アルミニウム液の概要

塩化アルミニウム液とは

どんなもの?

塩化アルミニウム液は、手のひらや足の裏、脇などの汗を抑える効果が非常に高く、多汗症の治療に多く使われます。
ミョウバンや重曹といった一般的に汗を抑える効果があるといわれているものよりも、より効果が高いと知られています。

この塩化アルミニウムを塗布すると、水素イオンが汗腺に働きかけて、汗を生成しにくい状態にします。
脱毛後に汗を感じやすくなる状態も解消できます。また汗を抑えるだけでなく殺菌効果もあり、一度使うと塩化アルミニウムがない生活は考えられないという方が非常に多くいらっしゃいます。

塩化アルミニウム液の効果
  • 汗を抑え、殺菌効果
  • ミョウバンや重曹に比べても効果は絶大
塩化アルミニウム液の使用方法

塩化アルミニウム液の使用方法は非常に簡単です。

使用開始当初は毎日気になる部分へ塗布しますが、数日から約1週間で効果が出始め、一度効果が現れると、個人差はありますが1週間~10日間くらい効き目が持続します。
効果が現れた時点で一度使用を中止し、効き目がなくなるまで待ち、自身の効果の継続有効期間を把握してください。
その後は有効間隔毎に1~2回使用するだけで効果が持続します。


多汗症相談ホットライン

0800-060-3087

受付時間9時~18時
※日曜・祝日は除く。水曜・土曜は12時30分まで


お気軽にご相談下さい。

このページのトップへ戻る

サイトマップ