トップページへ戻る

ケーズクリニックヒフカ

ニキビ・ニキビ跡・凸凹・シワ・くすみなどに効果的

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングの概要

ケミカルピーリングとは?

キメの整った肌に....本気で肌を改善したい方へ。

ケミカルピーリングは、酸を使用し蓄積された古い角質を溶かし、新しい皮膚細胞を作る働きを促します。肌のターンオーバーを正常化させることでキメの整った肌になります。

  • AHAピーリングは、分子量が少ないので、皮膚への浸透度が高く、吸湿性があり、コラーゲンやエラスチンの生成促進効果で肌にハリや弾力を与えます。
  • BHAピーリングは、その酸の特性により角質層以外の細胞を傷つけることなく、ピーリングを行います。AHAピーリングよりも効果の持続が長いため、治療回数は少なくてすみます。

いずれのピーリングも本気で肌を改善したい方におすすめです。
また、背中のピーリングも行っております。

メディカル・エステと共通でご利用頂ける、お得なコース制を導入しております。

お得なコース制の詳細はこちらから

ケミカルピーリングのメニュー

AHAピーリング

AHA = アルファヒドロキシ・アシッド(水溶性)

果実に含まれていることが多いので、別名(フルーツ酸)と呼ばれています。

AHAの酸

グリコール酸

他のピーリング剤が角質を表層から溶解していくのとは異なり、皮膚表面の角質細胞間の結合を弱め、古い角質を取り除き、皮膚に軽度の炎症を起こさせて、細胞に刺激を与えることで、新陳代謝(肌の生まれ変わりのリズム)を良くします。
AHAの中でも分子量が小さいので、皮膚への浸透度が高く、吸湿性があり、コラーゲンやエラスチンの生成促進効果で肌にハリや弾力を与えます。
また、酸の働きで皮脂の蓄積を防ぐ効果や、メラニン生成を抑制する効果などもあります。

乳酸

グリコール酸より分子量が比較的大きいので、作用がマイルドで、皮膚の表層部に作用します。
乳酸は皮膚の弾力性を高め、シワを抑制する効果とともに、保湿効果も高く、角質層のセラミドの生成を促成します。
低濃度のピーリング剤を重ねて塗布することができるため、ピーリングの強さを調整しやすく、より多くの肌質、肌の状態に対応できます。
乳酸の効果や低刺激性の面で、東洋人の肌により適したピーリングが行えます。

BHAピーリング

BHA = ベータヒドロキシ・アシッド(脂溶性)

ヒメコウジの葉や、カンバの樹皮から抽出されるサリチル酸が代表的。

サリチル酸マクロゴール

サリチル酸が濃度30%、Ph1.7という強酸であるため、角質層のピーリングを確実に行うことができ、マクロゴールとサリチル酸の親和性が高いため、角質層以外の細胞を傷つけることがほとんどありません。
繰り返しピーリングすることで、肌のターンオーバーを促進します。
また、真皮にコラーゲン産生が起こるため、柔らかい弾力のある肌にすることが可能です。
AHAのピーリングよりも効果の持続が長いため、治療回数は少なくて済みます。

背中のピーリングも出来ます。

背中ピーリング

ケミカルピーリングの施術内容
  • アルファトーナー(角質ケアローション)で拭き取りをする。
  • ピーリング剤を塗る。
  • 中和剤を塗る。(サリチル酸マクロゴールは除く)
  • 拭き取りをする。
  • ビタミンパックで肌の沈静をする。
  • 保湿クリーム、日焼け止めを塗る。

このページのトップへ戻る

ご予約

美容皮膚科は一部を除き完全予約制です。ご来院前に必ずお電話か予約フォームにてご予約をお願い致します。

TEL

このページのトップへ戻る

サイトマップ